更年期障害の症状緩和|誰もが羨む健康体を目指すなら北国アロニア|生活から外せない必需品
男女

誰もが羨む健康体を目指すなら北国アロニア|生活から外せない必需品

更年期障害の症状緩和

女性

エストロゲンの代替作用

大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするポリフェノールになっています。その大豆イソフラボンには、ダイゼインとグリシテイン、そしてゲニステインの3種類があり、ダイセインだけがエクオールという物質に変化します。そして、これがエストロゲンと同様な効き目を発揮し、エストロゲンの分泌が足りない場合に、補う働きをします。活性能力は本来の女性ホルモンの働きには及びませんが、相当程度の身体保護作用があると言えます。エクオールが作用する仕組としては、エストロゲン受容体に入ることで、血管や脳を保護したり、骨や肌を守ったりするわけです。また、エストロゲンが過剰分泌された場合は、その作用を弱める働きもあります。

産生菌検査

エクオールは、ダイゼインの状態で体内に取り込まれるよりも、効果的にエストロゲンの代用作用があります。そして、更年期障害の改善にも高い効果を発揮することが分かっており、日本更年期医学会の調査でも明らかになっています。エクオールは、更年期障害の緩和に限らず、骨粗鬆症の予防や肌の老化防止に効果が期待できるので、多くの女性から注目を集めているわけです。ところで、エクオールは、人によっては体内で作ることが出来ます。それには、腸内細菌のエクオール産生菌が必要で、日本人女性の2人に1人の割合で腸内に棲息していると言われています。現在、自分がこの産生菌を持っているかどうかを検査することが出来、簡単な尿検査だけで直ぐに結果が分かります。検査は産婦人科や人間ドッグで受けられますが、ネット購入の検査キットでも測定できます。